戦国武将のリーダーシップ2


上杉謙信 

「人は心に私欲がない時は筋道を間違わない」

謙信の魅力は、その颯爽たる戦ぶりと、世俗を超えた生き様の美学です。

越後の騎馬隊を率いてつむじ風のように、東は相模小田原から西は北陸、能登までも馬蹄にかけながら、一度も敗走したことがありません。

守護神とした”毘沙門天”の生まれ変わりか、あるいは”雷神”かと恐れられましたが、その外征はすべて義戦でした。

謙信のいくさ上手を最初に頼ったのは関東管領の山内上杉、次に信濃の豪族村上、小笠原、そして最後に足利将軍義輝です。

続きはビズレポへ

上杉謙信 

「人は心に私欲がない時は筋道を間違わない」

「鎧は胸の内にあり」

織田信長

「敵の情を知って興り、彼女の情けを知らず亡ぶ」

豊臣秀吉

「貧しき者は幸いなり」

「命に逆らって君を利す」

最新記事
アーカイブ

関連記事

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square