KinChu/近代中小企業 2019/3

特集 私にとって“平成”とはどんな時代だったのか? 立ち読み>> B5判/本文50頁 毎月1日発行 ご購入の方法 ・年間購読によるお申し込み ・雑誌のオンライン書店 Fujisan.co.jp

過去から学ぶ採用難時代の「処方箋」

2019年3月1日発行 A5判/本文32頁 立ち読み>> ご購入>> いつの時代でも、責任ある世代と新生社会人の世代間ギャップはあります。 「今どきの若い奴らは…」と、若い世代を批判する前に自身が社会人になろうとした時代に、会社や年上に対する意識はどうであったかを振り返ることによって、「採用難」の現在の課題を解決するヒントを探ります。

会社の数字の見方と活かし方

取引先との値引き交渉、 社内の人員シフト管理、 売り上げ目標を達成するための仕事管理、 ノルマ達成後の人事評価、 など、 決算書では推し量れない会社の「計数」を自分自身の課題としてとらえることが、ビジネスパーソンには必要不可欠です。 Eラーニング「ビズワーク」へ

経営相談・基礎知識

経営相談事例と経営管理基礎知識 会社経営には、業務マニュアルはあっても経営判断のマニュアルはありません。 経営環境、会社の実情に合わせて「これが最適だ」とする、よりベターな判断をしていくしかないのです。 会社がベストな状態であることは滅多にありません。逆にベストであるということは、それ以上を望まなくてもよいといった危険な状態であるとも言えます。また、ベストな結果を待ちすぎて、せっかくの機会を失ってしまうこともあります。 社長は孤独です。社員の総意で物事がうまくいくことも稀です。最終決済権者である社長の判断に、プラスの自信と自覚を持ってもらうため、「よりベター」な判断をするための材料として使って下さい。 続きは、ビズレポで… 1.採用内定した学生をどこまで拘束できるか 2.評定結果に不満で退職者続出!自社に適した人事考課制度はどうあるべきか1 3.評定結果に不満で退職者続出!自社に適した人事考課制度はどうあるべきか2 :

カテゴリー