社長の右腕になる経理マンになるために

理想の経理マンとはこんな人だ​ 経理部員に要求される資質とは 経理部に関係する社内外の人達は、どんな期待を寄せて経理マンを見ているのでしょうか。よき経理部員の人間像をを考えてみましょう。 続きはビズレポへ 経理部員に要求される資質とは 経理の使命感、責任感を植えつける 経理の仕事に興味を失ったように見えたとき 地味な経理部の仕事に嫌気がさしてきたとき 経理部の空気になじめず、悩んでいるとき 経理部内での所属変更を希望してきたとき 徹底した倫理観の育て方 新しく経理部に配属した人に対しては 部課長の勤め方を真似る癖のある人には 受験勉強を仕事の勉強と思い込んでいる人には 管理会計論を振り回し、自社を冷笑する人には 工場経理への転勤を嫌う部下には

経営計画づくりの実践手順/前編2

経営計画の実施プロセス 経営計画の担当組織を決める 企業における計画担当組織は、企画室、社長室などトップに所属するゼネラル・スタッフであることが普通です。中小企業では、社長と幹部社員数人がチームを編成して担当することになるでしょう。 これらのスタッフはトップを補佐し、専門的立場から助言し、また情報提供するのが主な仕事です。 経営環境を予測したり、競争相手の分析をすることが大きな役割となります。さらに自社の経営資源についてもその強みと弱みを熟知していなければなりません。 続きは、ビズレポで…(メンバー専用) 経営計画の実施プロセス 経営計画の担当組織を決める 計画の枠組みと経営方針を定める 経営力の判定と経営分析 目標は付加価値が適切 経営計画の作成利 益計画および予算づくり 実践シート 経営力の簡単な判定 自己資本比率の計算方法 労働生産性の計算方法 損益分岐点の計算方法 賃金水準を高める方法 目標利益の決め方

経営計画づくりの実践手順/前編1

経営計画の主な仕組み 長期計画は会社の構造改善計画なり 動物や植物が自然に成長するように、企業も自然に、あるいは無計画に影響することはあるかもしれません。しかしそのような偶然の成長は極めて危険であり、いつ成長が止まったり、衰退することになるかわかりません。 放っておくと異常に売上高が増えたり、粗利益が大きく高低したりする会社があります。よく見ると、売上高が急増したときは、経費も驚くほど膨張していることが多いです。たまたまブームの波に乗ったからといって、経営の手綱を緩めていると、いずれ必ずピンチに見舞われるのが通例です。 続きは、ビズレポで… 経営計画の主な仕組み 経営基本方針の明確な表現 戦略と管理の統合をはかる 管理計画と予算制度を策定する マネジメントサイクルを構築する

「プロ」に勝つ

べテラン必ずしもプロならず 皆さんの周りに、流れのままに惰性で仕事をしていたり、会社の機構や仲間の友情に甘えながら、楽しさだけを追い求めて毎日を過ごしている人はいませんか? そしてそういう人はマンネリの海の中で、ただ慣れきった同じ仕事を繰り返しているのに過ぎないのに、自分こそプロだという顔をしており、また周りも「あの人はプロだ」と認めてしまってはいませんか? 続きはビズレポで べテラン必ずしもプロならず “人間の輪”を仕事のベースに置く 天性のプロなどいない “自称プロ”の傲慢さ 仕上げは横綱、見かけは大関 セールスとは何か 企業を左右する営業マン 何が販売成果を決めるか やる気と販売成果 見込客づくり 訪問前の心構えと準備(1) 訪問前の心構えと準備(2) 顧客をつかむためのコツ 初回訪問の留意点 アプローチ時のマナー アプローチに成功する話法 話題を豊富にしよう 相手の注意をひく販売資料 質問話法で相手をつかむ

「気配り」のすすめ

電話応対での気配り もし現在、企業社会に電話、ファックス、eメールなどが無かったら、今日のような経済や企業の発展があったでしょうか。 今は、いちいちお互いが出かけて行かなくても、必要な連絡、報告、調査結果、説明、解説、セールスなどの、情報伝達や受領、あるいは意志の疎通は居ながらにして果たせるので、その分だけ他の仕事や企画ができるようになりました。 ですが、この便利な文明の道具にもマイナス面があります。互いに相手が見えないということです。 ​続きはビズレポへ 「気配り」のすすめ 電話応対での気配り 来客応対時の気配り 他社を訪問するときの気配り 廊下・階段・トイレなでの気配り 休み前、休み明けの気配り アフターケア 自分を鍛える なぜ、自己を鍛えねばならないか。 体を鍛える 「知力」を鍛える 【規則と規律】 組織とルール 悪法も法 規律・規則と常識 規律・規則の遵守 指示・命令・連絡・報告

数値で管理する店舗経営PartⅢ

棚卸で問題点の洗い出し 選択や穴埋め、並び替えなど、クイズ感覚で取り組める自己啓発・スキルアップのためのワークブックです。 「数値で管理する店舗経営」 ・月次棚卸し方法 ・クロスSWOT分析の活用 Eラーニング「ビズワーク」へ

災害対応マニュアル1

災害発生後の対応 日本には地震はもとより、それ以外にも台風・火山・土砂災害・洪水・津波など、多くの災害に見舞われる危険性をはらんでいます。 これを受けて各家庭においてはもちろんのこと、1 日のうち多くの時間を過ごす勤務先での防災についても改めて見直し、対策を打つことが急務となっています。 とはいえ、素早い判断と行動が要求される緊急事態に、どれだけ立派な対応策を決めてあっても難しい言葉で書かれた分厚いマニュアルの該当箇所を探さなくてはならないようでは、それだけで致命的です。 そこで今回は大災害が起こる前と起こった後に、企業として最低限必要な対応措置をまとめました。 今回は「災害発生後の対応」に焦点をあててご紹介します。 続きは、ビズレポで… 災害発生後の対応 ・緊急避難 ・緊急連絡網 ・安否確認 ・医療機関 ・暮らし・生活相談 ・社外への連絡 ・帰宅方法

業務フロー・引継書の事例と作り方

2018年8月1日発行 A5判/本文32頁 立ち読み>> ご購入>> 業務フローを作る前の記号の基礎知識 業務マニュアルを作る時間があるなら口頭で教えたほうが手っ取り早い、マニュアルを作ること自体が面倒だ、仕事は見て覚えるものだ…などと、紙やパソコンに仕事の手順を落とし込むことを嫌う人や職場が多いものです。 そんなことは常識だと思えるようなことまでマニュアル化する必要はないのかもしれませんが、生まれも育ちも違う他人同士が集まっている会社組織では、海の交通ルールにある「出船優先」のごとく、基本的なところから定めなければならないこともあります。 ところで、業務フローを作るにあたっては、作成者ではない人が理解しやすい書き方でなければなりません。 業務のアウトラインが把握しやすくなっていて、業務フローの書き方が社内で統一されており、改善点が見つかったときに修正しやすくなっていれば、どんな書き方でも構いません。 しかし、その独自のルールによる書き方を構築したとしても、それを社内に浸透させ、習得させていくほうが大変そうです。

KinChu/近代中小企業 2018/08

特集 自分磨きのための「学び直し」 スキルアップ、キャリアアップのための自己投資術 立ち読み>> B5判/本文48頁 毎月1日発行 ご購入の方法 ・年間購読によるお申し込み ・雑誌のオンライン書店 Fujisan.co.jp

カテゴリー