Googleローカルガイドに…


ゴルフ場のコース内を360度カメラで撮影し、Googleのストリートビューにアップしようと思い立ち、まずはGoogleのストリートビューの貸し出しプログラムに申し込み、360度カメラ他一式を借りてみた。

届いたカメラはSamsung Gear 360。 その他、三脚などが届き、早速撮影!と思っていたのに、雨がちな天気が続き、なかなか撮影ができない。 ※上の写真は、別途購入したGoPro Fusion

と、イライラが募るなか、雨の合間を縫って、なんとか撮影開始。 まずは、歩いて…

ゴルフでも普段から歩いてプレーしているんだし、ノープロブレム!と安易に思っていのが大間違い。

ゴルフプレーで歩いているといっても、時々はカートに乗るし、ずーっと歩き続けるわけではないので、撮影のために休まず歩くというのは、かなりハードなんだ…と実感、いや痛感。

そこで、どうしたものかと思案を重ね、たどり着いたのがこのかたち。キャディトレックG360パノラマカメラジンバルGoProFusion

そして、、乗用カート

キャディトレックは自動追尾式のリモコン電動カート。

最初は、キャディトレックのハンドルレバーのところに、GoProのアクセサリのハンドルバーとカメラ用の延長ポールで固定して撮影をしてみた。

・カメラ撮影はインターバル

・キャディトレックは前進ドライブで速度「中」

・わたしは乗用カートからキャデイトレックを操作、といっても大半は見守るだけ

しかし、ゴルフコースは平らじゃなかった…

って、当たり前…

そのため、固定された状態だと、キャディトレックが上り下り斜面や左右に傾けば、カメラも当然傾いてしまった。

Samsung Gear 360にはスタビラライザー機能がついてなくても?多少の揺れは問題なく撮影できたが、やはり空中心、地面中心の写真が何枚か撮れてしまった。

そこで、ソフトスタビライザー機能があるGoProFusionを新規購入。

しかし、より安定した写真撮影をするために、スタビライザーのジンバルもセットした。

この最強!と思える「武器」をおともに、梅雨になる前に、早く旅に出たい…。

そういえば、Googleローカルガイドのレベルがいきなり6になっていた…

↓Gear360で撮影した360度パノラマ写真

最新記事
アーカイブ

関連記事

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square